胡蝶蘭を育てる方法

胡蝶蘭は育てるのが難しいという話をよく耳にします。
上手に育てることが出来ると何年も花を楽しむことが出来るとも言います。

環境さえ整えてしっかりと守るべきことを守って育てていくことができれば実際に何度も花を咲かすことを目にすることが出来るというのは事実のようです。

胡蝶蘭を育てていくにはいくつかのコツが有ります。
その内容は特別に難しいというものでもありません。

基本は胡蝶蘭という植物が亜熱帯地方で生育し暖かい地方の植物であるということと根が地表に出ている植物だということをしっかりと理解していれば自ずと上手に育てていくことができるようになると言っても良いでしょう。

育て方のコツとしては基本的に寒さが苦手だということを頭に入れておくべきでしょう。
しかし、だからと言って日光がきつい場所や日差しのキツイところへ置くのは厳禁です。
柔らかい日差しが当たる程度の場所で室温はいつも18度以上になるような場所に置くことがポイントです。

また、水やりに関してもあげすぎは厳禁です。基本はあまり水はあげなくても良いということになります。
10日に一回程度で土がカラカラに乾いているというような状態の時に水をあげるということがポイントです。
水をあげすぎると水腐れしてしまいますので注意をしましょう。

乾燥も嫌いますので部屋を暖かくしても乾燥し過ぎないように時々、霧吹きなどで水を与えるということも大切なポイントです。
胡蝶蘭は年間を通して同じような環境にあるのが一番良いのですが、温室などは一般的には用意できないでしょうから家の中で育てるのにベストな場所を探さなくてはいけません。

意外と余熱を持っているテレビなどの電化製品の横などが良いという話もあります。

胡蝶蘭の基本的な育て方

会社のおつきあいが多ければ多いほど胡蝶蘭を贈られる機会も多くなります。移転祝いや就任祝い、昇進祝いなど仕事上で胡蝶蘭を送る機会は多いものです。また、長持ちするため、個人的にも何かのお祝いごとで贈ってもらえると非常に嬉しいものです。

そのようなときに頂く胡蝶蘭はどのような管理が望ましいのでしょうか?

何と言っても高級な花ですので、日頃から一般家庭に咲いているなどというのは自分で育てていない限りめったにないでしょう。

多くの人が戸惑ってしまうのが「胡蝶蘭をもらった時にどうしたら良いのか?」ではないでしょうか。育て方について全く検討がつかないということです。育て方が難しいとか手入れが面倒だとかいうイメージを持っている人が多く何をどうしたら良いのかわからなくて困るのです。

まず、贈られてきた胡蝶蘭にかぶっているラッピングはお花を保護するためのものなので、これを先ず外して捨てるというところから始めなくてはいけません。キレイにラッピングされているので外さないでそのままにしておこうと思う人が多いようなのですが、これは間違いです。そのままにしておくと蒸れてしまうので必ずラッピングは外しましょう。

胡蝶蘭の水やり

その後に直ぐにできることというのは水やりということになりますが、実は水やりは毎日のようにあげてはいけません。ココが大切です。

鉢の表面にある水苔が乾いてしまってから水をあげるようにしましょう。目安は季節によっても少し変わりますが十日程度に一度くらいだと思ってよいでしょう。

水は花の上からかけるのではなく株の根元にやるというのがポイントです。また、水やりは鉢の底に水が滲み出ても構わないので多めにあげましょう。

空気が乾燥していたり置き場所が乾燥気味な場所に置いているのなら霧吹きなどで軽く葉に水を時々かけてやるということもポイントです。

胡蝶蘭の花が枯れた後の管理

美しく気高い花を咲かせてくれていた胡蝶蘭もいつかは必ず花が枯れてしまいます。何も知らない人なら花が枯れるともうおしまいと感じて株ごと捨ててしまう人もいるかもしれません。

これはもったいない話です。花が終わったらまた花を咲かせてくれる努力をしてみたいものです。胡蝶蘭はきっちりと管理できると必ず次の花も咲かせてくれるのです。

花は一気には枯れません。古い花から先に枯れていくということになります。その花を順番に摘んでいき全ての花が枯れてしまったら茎をカットします。茎をカットする位置は真ん中より少し上くらいが一番良いと言われています。

そこをカットするとそこから新しく芽が出て数カ月後には再び花を咲かせてくれるのです。つまり1年に2回花を楽しむということができるということになります。

ただし、これを行うと株に残っていた栄養は使い果たすようなことになりそれで終わりになる可能性もあります。もっと長い間、胡蝶蘭を楽しみたいというのならすぐに2回目の花を期待するのではなく株に栄養を蓄えさせるという選択を取ります。

花が枯れてしまった後に茎を切る場所を株に近いところから切り落とすということでそうしたことが可能となります。これを行えば数カ月後に2回目の花が咲くことはありませんが、株に栄養が溜まっていくためにその翌年も胡蝶蘭が咲き誇るのを楽しむことが出来るということになるのです。

胡蝶蘭は大切に接して世話をしてあげればあげるほど花を咲かせて応えてくれる嬉しい花なのです。

もう一度胡蝶蘭を咲かせる方法

美しく気高い花を咲かせてくれていた胡蝶蘭もいつかは必ず花が枯れてしまいます。何も知らない人なら花が枯れるともうおしまいと感じて株ごと捨ててしまう人もいるかもしれません。これはもったいない話です。花が終わったらまた花を咲かせてくれる努力をしてみたいものです。胡蝶蘭はきっちりと管理できると必ず次の花も咲かせてくれるのです。花は一気には枯れません。古い花から先に枯れていくということになります。その花を順番に摘んでいき全ての花が枯れてしまったら茎をカットします。茎をカットする位置は真ん中より少し上くらいが一番良いと言われています。そこをカットするとそこから新しく芽が出て数カ月後には再び花を咲かせてくれるのです。つまり1年に2回花を楽しむということができるということになります。ただし、これを行うと株に残っていた栄養は使い果たすようなことになりそれで終わりになる可能性もあります。もっと長い間、胡蝶蘭を楽しみたいというのならすぐに2回目の花を期待するのではなく株に栄養を蓄えさせるという選択を取ります。花が枯れてしまった後に茎を切る場所を株に近いところから切り落とすということでそうしたことが可能となります。これを行えば数カ月後に2回目の花が咲くことはありませんが、株に栄養が溜まっていくためにその翌年も胡蝶蘭が咲き誇るのを楽しむことが出来るということになるのです。胡蝶蘭は大切に接して世話をしてあげればあげるほど花を咲かせて応えてくれる嬉しい花なのです。

開店祝いに人気の花

開店祝いの贈り物として抜群の人気花は胡蝶蘭です。

開店祝いの胡蝶蘭
お店が新しく開店したときには、どこのお店ででも目立つ場所に飾ってあるような印象がありますね。

なぜ胡蝶蘭はこのように人気があるのでしょうか。

多くの人が開店祝いの贈り物を検討するときに迷うことは多くても結果的に胡蝶蘭になることが多いといいます。
それは見た目に品があって優雅であるということ、誰が見ても胡蝶蘭はそれなりに高価なものだと知っているということが一つに考えられます。
また、普通の花束などだと数日で枯れてしまうようなことが多いのですが胡蝶蘭は長持ちするということも挙げられます。

数週間から数ヶ月持つことも珍しくないのです。
手間がかからないというのも人気の秘密です。
置き場所などさえ間違わなければ大した手入れなども不要なのです。
可憐な花であるのに香りもきつくなく花粉も飛ばないということも大きなプラスポイントです。

どれだけ綺麗な花でも花粉が飛んだり臭いがキツイと客商売には嫌われるものです。
胡蝶蘭の花言葉も魅力的です。幸せを運んでくるという花言葉はまさに開店祝いにはピッタリだということが出来るのです。

このように胡蝶蘭は非常に人気が高い花です。
本数が多いほど豪華に見えて迫力も違います。値段は決して安く贈ることが出来る花ではありませんが、予算に応じて花の大きさや本数を調整できますので花屋さんに相談しながらどのようなものを贈るのか決めると良いでしょう。

開業や開店祝いの胡蝶蘭ギフトを贈るタイミング

開店や開業祝いに贈る定番のギフトと言えば胡蝶蘭を連想する人も多いと思いますが、若いころはお花を貰ってもあまり喜ばないと言う人も多いのですが、大人になってくると花が持つ神秘性や花言葉が持つ意味などを意識するようになり貰って嬉しいギフトになります。

胡蝶蘭名古屋

その中でも胡蝶蘭は美しさもあり派手さもあり、そして神秘性もあることから人気を集めていますが、開店や開業のお祝いで多く利用されているのは幸せを呼んでくれるという花言葉や耐久性が高く長い時間をかけて美しく咲いてくれることなどが理由です。

開店や開業の際にギフトとして贈る場合はタイミングが一つのポイントになりますが、前提となるのは開店より遅れないように贈るということなので開店する日にちを聞いた時点から準備を進めて行く必要があります。

花は生きているので当然ながら枯れてしまうわけですが、早いうちから購入していると一部が枯れてしまってギフト用としてはとても不向きな面持ちになってしまう可能性があるので開業や開店する当日か前日に届くようにしておくとよいでしょう。

場合によってはオープンを記念してイベントを行うようなケースもありますが、イベントに胡蝶蘭があれば場をより盛大にすることができるのでイベントに合わせて贈るのもおすすめです。

手渡しで渡すというのも気持ちがこもっていいのですが、開店や開業前は忙しい場合が多いので手間をあまりとらせないようにすることも配慮として必要です。