本社や事務所の移転祝いに贈る胡蝶蘭

 

移転祝いに贈る花としては胡蝶蘭が定番となっています。理由としては、値段の幅があることや縁起の良い花であること、好き嫌いがないこと、社内が華やかになることなどが挙げられます。

胡蝶蘭の花言葉は「幸福が飛んでくる」です。移転する会社が繁栄するようにとの思いを込めた縁起の良い贈り物として選ばれています。

移転祝いの相場は2万円から5万円程度ですが、その値段に見合った花以外の贈り物となるとかなり限定されます。

焼き菓子やスイーツは値段的に見劣りしますし、家電製品ではビジネスギフトとしての要件を満たさない場合がほとんどです。

その点、胡蝶蘭などの花であれば、値段の幅やバリエーションが豊富なので各社とも相手との取引内容によって値段を選んで贈ることができます。

胡蝶蘭は5000円程度からグレードを上げたり下げたりできるので、相場と予算を考えながら選べる移転祝いに適した贈り物です。

移転お祝い胡蝶蘭

植物はお手入れをしないと枯れてしまいますが、胡蝶蘭は管理が楽で日持ちが良いのも選ばれている理由です。社員が男性だけの会社に贈っても、水やりだけで数ヶ月は鑑賞できます。

移転のお知らせが来たら、業務開始日の前日か当日に届くように手配しましょう。

移転祝いの胡蝶蘭まとめ

胡蝶蘭は縁起がよく、お手入れもほとんど不要で日照がないオフィスの室内でも育つ丈夫な花です。

相場

相場は2万円から5万円程度ですが、値段の幅があるため取引内容の大小で予算に合わせた花を贈ることができます。

大切な顧客宛にはやや多めの予算を組むことも忘れないようにしてください。(2万円→3万円)

贈るタイミング

移転祝いの胡蝶蘭を贈るタイミングは、移転完了後の業務開始日前日または当日。

立札

胡蝶蘭につける立札には「移転御祝」や「祝御移転」に「送り主の名前」が一般的です。

祝御移転 ○○株式会社 代表取締役 □□太郎

 

胡蝶蘭3本立の通常価格は2万円から3万円程度ですが、発注する花屋によって見栄えも品質もバラバラです。

値段の高いところで発注した場合は、他所から届く花に見劣りする場合がありますので花屋選びは慎重に行いましょう。

移転祝いの胡蝶蘭を名古屋に贈るときには下記のようなサービスも参考にしてください。大手企業も利用しています。

名古屋へ移転祝いに高品質で安い胡蝶蘭を贈れるサービス

名札の書き方

胡蝶蘭に付ける名札の書き方について。

札の書き方

お祝いの用途には赤色の文字で「祝」「御祝」とし、続けて贈り手の名前を書くのが一般的です。

 名古屋太郎

御祝 関東株式会社 代表取締役 名古屋太郎

名札(立札)は熨斗の代わりとなるものなので、基本的には受け取る側の名前は不要になります。

札の書き方で迷ったら「送り主の名前だけ」として置くことでほぼ全ての用途に適した名札となります。

 

相手の名前を書く用途

相手(受取人)の名前を書く用途としては、開店祝い楽屋見舞い公演祝い開店祝い誕生日などがあります。

開店祝いの札

受取先に複数の人がいる場合に「誰宛」かを明確にするために書きます。

開店祝いの札には店舗の名前を書くことになります。

祝開店 品川ショップ 名古屋太郎より

 

敬称の書き方について

札の名前に付ける敬称は社名であっても人名であっても「様」「さん江(へ)」が一般的です。

「御中」は使いません。

就任祝い札の書き方

尚、結婚式などで年下のお若い方へ贈る場合は「□□&○○さん」などとします。

 

胡蝶蘭の立札書き方まとめ

胡蝶蘭につける札は熨斗の代わりであり、贈り手の名前を書いておけばほとんど問題ありません。

逆に相手の名前や社名の字を間違えるととても失礼になります。

正確な字がわからないときは書くのは控えましょう。

用途によって「祝」などの祝い字を変える場合もありますが、どのような祝字が適切なのかわからない場合は、花屋に任せましょう。